PMSの吐き気・頭痛を緩和する方法

あなたがPMS(月経前症候群)について知っておくべきこと

PMSは、ある種の体の変化を伴う症状のことを指します。これらの症状は月経周期の一部であり、周期の終わり近く、つまりあなたの期間が始まる前に現れます。これらの症状は、特に30代から40代の女性に影響を及ぼすことが多く、吐き気や頭痛を含む様々な形で現れます。

PMSの症状を管理するために

PMSの症状は人それぞれ異なりますが、以下に示すような生活習慣の変更を行うことで、これらの症状を軽減することができるかもしれません。

ヘルシーな食事を心がける

食事は私たちの体に大きな影響を及ぼします。特に、PMSの症状を軽減するためには、以下のような食事の工夫が有効です。

  • 頻繁に小さな食事をする: これにより、満腹感や膨張感を減らすことができます。
  • 塩分を控える: 塩分の摂取を控えることで、膨張感や水分の留まりを減らすことができます。
  • 繊維質の多い食事をする: フルーツ、野菜、全粒穀物など、複雑な炭水化物を多く含む食事を選びましょう。
  • カルシウムを摂る: カルシウムが不足するとPMSの症状が悪化することがあります。乳製品が苦手な方や、食事から十分なカルシウムを摂取できない場合は、サプリメントを利用しましょう。
  • カフェインとアルコールを避ける: これらはPMSの症状を悪化させる可能性があります

適度な運動を行う

適度な運動は健康に非常に良い

影響を与えます。特に、ウォーキング、サイクリング、水泳などの有酸素運動を週の大半の日に30分以上行うと良いでしょう。これにより、全体的な健康状態が改善され、疲労感や落ち込み気分などの症状が軽減されます。

ストレスを軽減する

ストレスはPMSの症状を悪化させる可能性があります。以下のような方法でストレスを軽減すると良いでしょう。

  • 十分な睡眠をとる: 睡眠不足は頭痛や不安を引き起こす可能性があります。
  • リラクゼーションテクニックを試す: 筋肉のリラクゼーションや深呼吸などのテクニックは、頭痛、不安、睡眠障害を軽減するのに役立ちます。
  • ヨガやマッサージを試す: これらはリラクゼーションとストレスの軽減に役立ちます。

症状を記録する

症状のトリガーやタイミングを把握するために、数ヶ月間症状を記録すると良いでしょう。これにより、症状を軽減するための戦略を立てることができます。


PMSの症状、特に吐き気や頭痛は、日々の生活に大きな影響を及ぼすことがあります。しかし、適切な対策を講じることで、これらの症状を管理し、生活の質を改善することができます。

食事の調整、適度な運動、ストレスの軽減など、自分でできることから始めてみましょう。それでも症状が改善しない場合や重い場合は、LINEよりご相談ください。