寝起きに感じるめまいの原因と対策

こんにちは、逗子市の女性専門鍼灸整体オリジネです。今日は多くの人が経験するであろう「寝起きのめまい」について詳しく解説していきます。

めまいは一見些細な症状に思えますが、放置すると重大な健康問題につながる可能性もあります。それでは、詳しく見ていきましょう。

寝起きのめまいの一般的な原因

脱水症状

寝ている間に体は意外と多くの汗をかいています。

特に夏場ではなく、冬でも暖房が効いている室内で寝ていると、汗をかくことが多いのです。


このようにして失われた水分が補給されないまま朝を迎えると、体は脱水状態に陥ります。脱水症状とは、体内の水分が不足することで起こる一連の症状で、めまいはその典型的な一つです。

水分が不足すると、血液がドロドロとした状態になり、

その結果、心臓が血液を全身に送り出すのに苦労します。このような状態が続くと、脳への血流が乏しくなり、めまいや頭痛、疲れやすさなどの症状が出ることがあります。

対策としては、寝る前に適量の水分を摂ることが基本です。

ただし、寝る直前に大量に水を飲むと、夜中にトイレに起きる可能性が高くなるため、夕食後から少しずつ水分を摂るように心掛けましょう。

血液の循環不良

寝ている間、私たちは長時間同じ姿勢を取り続けます。このため、特に足や下半身に血液が滞りやすく、朝起きた瞬間に急に立ち上がると、一時的に血液が上半身に行き渡らず、めまいを感じることがあります。

このような状態を改善するためには、朝起きたらまず座って、ゆっくりと体を起こすようにしましょう。その後、足を床につけて少し待ってから立ち上がると、血液の循環がスムーズになります。

また、寝る前や起きた後に軽いストレッチをすることで、血液の循環を促進することができます。特に、足を挙げたり、腕を大きく回したりするようなストレッチが効果的です。

対策と予防方法

寝起きのめまいを予防するためには、日常生活でのちょっとした工夫が非常に有効です。以下に具体的な対策と予防方法を詳しく解説します。

適切な水分補給

水分補給は、寝起きのめまいを予防する最も基本的な方法です。特に、寝る前と起きた後に水分をしっかりと摂ることで、体内の水分バランスを保ち、めまいを予防することができます。

ただし、寝る直前に大量の水を飲むと、夜中にトイレに起きる必要が出てくる可能性があるため、夕食後から少しずつ水分を摂るようにしましょう。また、カフェインやアルコールは利尿作用があるため、これらの摂取は控えめにすることが推奨されます。

ストレッチや運動

寝起きのめまいは、血液の循環が悪いことが一因とされています。そのため、適度な運動は血液の循環を良くし、めまいを予防する有効な手段です。特に、寝る前に軽いストレッチをすることで、翌朝のめまいを予防することが可能です。足を挙げたり、腕を大きく回したりするようなストレッチが効果的です。

食事と栄養バランス

食事もめまいの予防に大きく影響します。特に、ビタミンやミネラルが豊富な食品を摂ることで、体内のバランスを整えることができます。例えば、バナナに含まれるカリウムは、血圧を安定させる効果があります。また、魚に含まれるオメガ-3脂肪酸は、血液をサラサラにする効果があります。

睡眠環境

寝る環境が整っていないと、質の良い睡眠が取れず、それがめまいを引き起こす可能性があります。寝室は暗く静かに保ち、寝具も清潔にすることが基本です。また、寝る前にスマートフォンやパソコンを使用すると、ブルーライトの影響で質の良い睡眠が妨げられる可能性がありますので、注意が必要です。


寝起きのめまいは、多くの人が経験する一見些細な症状ですが、その背後にはさまざまな原因や病気が潜んでいる可能性があります。脱水症状や血液の循環不良など、生活習慣に起因するケースが多いですが、時には、症状が続く場合は専門医の診断が必要です。