更年期障害の時に「朝起きられない」時の原因と対処法について

逗子の女性専門ハリ灸整体のオリジネです。

今回のテーマは更年期障害と朝に起きられないのは?

このようなテーマでお話をさせて頂きます。

更年期障害は多くの女性が経験する生理的な変化の一つで、その中でも「朝起きられない」という症状が見られることがあります。この記事では、その原因と対処法について詳しく解説します。

更年期障害の時に朝起きられない原因とは

更年期障害の中でも「朝起きられない」という症状は、体内時計が後ろにずれてしまう「概日リズム障害」が原因として考えられます。また、ホルモンのバランスの乱れによって、不眠や睡眠の質の低下が引き起こされることもあります。

更年期障害と朝起きられない原因

ホルモンバランスの変化

更年期障害は、女性のホルモンバランスの変化によって引き起こされる症状の一つです。このホルモンの変動が、不眠や睡眠の質の低下を引き起こすことが考えられています。

概日リズム障害

体内時計が後ろにずれることで、朝起きるのが困難になることがあります。これは「概日リズム障害」と呼ばれ、体内時計が後ろにずれてしまうことが原因として挙げられます。

更年期疲労

更年期に特有の疲労感が、朝の起床を困難にすることがあります。この「更年期疲労」の原因はまだ明確には分かっていませんが、自律神経の乱れや、体温の低下、睡眠の質の低下などが関連していると考えられています。

ストレスや精神的な要因

更年期障害に伴う精神的なストレスやうつ症状も、朝起きられない原因として考えられます。

50代からの理想的な睡眠時間

50代になると、体の変化や生活環境の変動により、睡眠の質や量に変化が生じることがあります。では、50代の理想的な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか?

50代の平均的な睡眠時間

50代の平均的な睡眠時間は、6.5時間から7.5時間程度とされています。しかし、これはあくまで平均的な値であり、個人差が存在します。

睡眠時間の変化の背景

ホルモンの変動

50代は更年期と重なるため、ホルモンの変動が睡眠の質や量に影響を与えることが考えられます。

生活環境の変化

仕事や家庭の環境、ストレスなどが睡眠時間に影響を与えることがあります。

健康状態

50代になると、様々な健康問題が現れることがあり、これが睡眠の質や量に影響を与えることが考えられます。

定期的な生活リズム

一定の生活リズムを保つことで、体内時計を整えることができます。

リラクゼーション

ストレスを軽減するためのリラクゼーション方法、例えば瞑想や深呼吸などを取り入れることで、睡眠の質を向上させることができます。

適切な運動

軽い運動を取り入れることで、質の良い睡眠を促進することができます。


更年期障害による「寝つきが悪い」症状は、多くの女性が経験するものです。しかし、生活習慣の見直しやリラクゼーション方法を取り入れることで、この症状を軽減することができます。健康的な生活を心がけ、質の良い睡眠を取ることで、更年期障害の症状を乗り越えていきましょう。