めまいを和らげる奇跡の足つぼマッサージ!あなたに合った方法を見つけよう!

めまいは日常生活を困難にする厄介な症状ですが、実は足つぼマッサージによって改善することが可能です。この記事では、めまいの症状を和らげ、心地よく過ごせるようにするための足つぼマッサージの方法について詳しく解説します。

めまいとは?

めまいの原因と症状

めまいは様々な原因で引き起こされることがあります。ストレス、耳の問題、低血圧などが主な原因とされています。めまいを感じると、バランスを保つことが難しくなり、立ちくらみやふらつきを感じることがあります。

めまいは、頭が回転するような感覚や、周りの世界が揺れて見えるような感覚を伴うことがあります。これにより、日常生活での動きが制限されたり、不安を感じたりすることがあります。幸い、めまいの症状は、足つぼマッサージという自然療法によって和らげることができます。

足つぼマッサージとは?

足つぼマッサージの基本

足つぼマッサージは、足の特定の部分を刺激することで、体全体の健康を向上させることを目的とした治療法です。特に、めまいの症状を和らげるためには、足の特定のつぼをマッサージすることで、体のバランスを取り戻し、リラックスすることが可能です。

足つぼマッサージは、古くから東洋医学で用いられてきた自然療法の一つです。足には、体全体に影響を与える多くの重要なつぼがあり、これらのつぼを刺激することで、めまいや頭痛、ストレスなど多くの症状の改善が期待できます。

特に、めまいを和らげるためには、足の内側に位置するつぼをマッサージすることが効果的です。足つぼマッサージは、プロの治療家による施術だけでなく、自分で行うセルフケアとしても実践できます。この記事では、めまいを和らげるための足つぼマッサージの基本的な方法から、さらに効果的なアプローチ方法までを詳しく紹介します。

また、足つぼマッサージを始める前に知っておくべき注意点や、足つぼマッサージの効果を最大化するためのアドバイスについても解説します。さあ、あなたに合った足つぼマッサージの方法を見つけて、めまいの症状を和らげ、心地よい日常生活を取り戻しましょう。

めまいの代表的な足つぼは?

太衝(たいしょう)

第一、第二中足間を圧上して指の止まるところのツボです。

簡単に言うと、足の甲と親指と人さし指の骨が交わるよころから、やや指先よりの「へこみ」の部分です。

このツボの持つ意味はとても重要です。

回転性のめまいは、東洋医学では肝胆の異常と言われています。肝の機能を調整する最適なツボです。予防といった意味でも日常的に押すことを勧めます。

足臨泣

第4、第5中足骨を圧上して指の止まる部分がツボとなります。

簡単に言うと、足の甲側で、小指とくすり指の付け根の間を足首方向に2~3㎝辿っていったところで骨と骨の間のツボです。

古来より、「めまい」の名穴です。そして、「偏頭痛」にもよく効くツボとなっています。

上記の「太衝」、そして「足臨泣」ともに足の中心に向かい、押します。


足つぼの代表的ものを、ご紹介させて頂きました。細めのサインペンで、押す力を調整しながら行うといいです。

刺激が強いから効くと誤解されますが、気持ちいい程度の方がリラックスもできますから、注意しながらセルフケアを行ってください。