更年期障害におけるほてり対策 – 鍼灸師・整体師が教える自然療法

更年期は、女性の人生において大きな転換期です。多くの女性がほてりをはじめとするさまざまな不快な症状に悩まされます。本記事では、鍼灸師・整体師の視点から、ほてりの対策について解説します。

更年期のほてりの特徴

ほてりは更年期の代表的な症状で、顔や上半身が急に熱くなる感覚があります。この熱感は通常2分〜4分程度続きます​​​​。

原因:女性ホルモンの減少

更年期のほてりは、女性ホルモンの分泌量の減少による自律神経の乱れが主な原因です。エストロゲンの減少により、体温調節がうまくいかなくなるために発生します​​​​。

対策1:生活習慣の見直し

  • 1,規則正しい生活:エストロゲンのゆらぎを抑えるためには、規則正しい生活が大切です​​。
  • 2,栄養バランスの良い食事:和食中心の食事、大豆製品の摂取がおすすめです​​。
  1. 和食中心の食生活:和食はバランスが取れており、体にやさしいのでおすすめです。野菜や魚、海藻類、豆腐などを多く含む食事が理想的です。
  2. 大豆製品の摂取:大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、更年期の不調緩和に役立ちます。納豆、豆腐、豆乳などを不足しないように取り入れましょう。
  3. バランスの取れた栄養摂取:主食、主菜、副菜をバランスよく摂ることが大切です。栄養素が豊富で、体調を整えるのに効果的です。
  4. 加工食品の避ける:添加物や過剰な糖質、脂質は避け、できるだけ自然な形の食材を選びましょう。

対策2:冷却方法

  • 冷たいタオルの使用:顔や首筋を冷水で濡らしたタオルで冷やす方法が効果的です​​​​。
  • 冷却グッズ:クールタオルやアイスネックピローの使用も有効です​​。

対策3:リラクゼーション

  • 腹式呼吸:腹式呼吸は自律神経の乱れを整えるのに効果的です​​。
  • ヨガ:ヨガは体のさまざまな働きを調節し、自律神経のバランスを整える効果があります​​。