PMS症候群の始まりを知るいつから体はサインを送るの?


月経前症候群、通称PMSは多くの女性が経験する身近な問題ですが、その症状や始まりは一人ひとりで異なります。この記事では、PMS症候群がいつから始まるのか、そしてどのように自分の体の変化に気付くことができるのかについて、鍼灸師・整体師の専門的な視点から解説します。

PMS症候群とは何か?

PMSの基本的な認識

ここでは、PMS症候群の基本的な定義や一般的な症状について説明します。PMSは月経周期と密接に関連しており、特定の期間に起こる身体的、心理的な不調の集合体です。

PMS症候群の始まりとそのサイン

個々の違いと始まりの兆候

PMS症候群の始まりは、個人差が大きいとされています。症状は200種類以上にも及び、出方も千差万別です。20~49歳の日本人女性を対象にした調査では、対象者の7~8割がPMS特有の身体的、精神的な症状を経験していることが明らかになっています。PMSの症状は、個人によって感じ方や強さが異なり、特に女性の月経周期に密接に関連しています。

PMSの原因は、ホルモンの変動によるものが主で、加齢による変化も見られます。女性の月経周期は平均で28日とされ、この周期に合わせてホルモンの分泌も変化します。月経終了後から次の月経開始前14日前後までが卵胞期と呼ばれ、この期間は心身ともに安定しやすいとされています。その後、排卵が起こり、黄体期に入ると、PMSの症状が現れやすくなります。月経開始前14日前後から月経直前までがPMS症状が出る主な期間です​​。

PMSの症状には身体的症状と精神的症状があります。身体的症状には下腹部痛、頭痛、腰痛、乳房痛、脚のむくみ、体重増加などが挙げられます。一方、精神的症状にはイライラ感、抑うつ、不安、緊張感、易疲労感、不眠、無気力、判断力の低下などがあります。重症の場合には、怒りが強くなり、社会的引きこもりになることもあるとされています​​。

PMSの症状を軽減するための対策として、規則正しい生活や食事の見直しが推奨されています。また、運動習慣のない女性はPMSの症状が強く、月経困難症の有病率・重症度が高いとされています。PMSの症状緩和のためには、イソフラボン、カルシウム、鉄分、ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、ポリフェノールなどの栄養素の摂取が有効とされています​​。

月経前症候群の症状は、女性それぞれが個別に対処する必要があります。月経周期と症状の関連性を理解し、生活習慣や食事の見直し、適度な運動を通してPMSの症状を軽減することが重要です。また、重症の場合には専門医による診断と治療が必要となります。

鍼灸と整体でのPMS症候群対策

自然療法によるPMS症候群の軽減

PMS症候群の症状軽減において、鍼灸は有効な自然療法の一つです。鍼灸治療は、身体の特定のツボや筋肉に鍼やお灸を使って刺激を与えることで、自然治癒力を高め、体質改善を図る東洋医学の治療法です。この治療法は、免疫力や自律神経にも作用し、病気になりにくい身体を作る助けとなります。

PMSによる様々な不調、例えばイライラや気分の落ち込み、頭痛、吐き気などは、鍼灸治療で軽減することができます。例えば、ある症例では、PMSによる頭痛やイライラ、気分の落ち込みが軽減され、肌荒れも改善されるなどの効果が見られました​​。

また、鍼灸治療は、副作用が少なく、長期的に続けることができるため、予防や健康管理としても取り入れやすい治療法です。治療では、体内の気の流れを整え、ホルモンバランスを調整するための鍼を使用します​​。

さらに、鍼灸治療は、患者の自己治癒力を促し、ホルモンバランスや自律神経の乱れを整えることによって、PMSによる吐き気や頭痛が起こりにくい身体へと改善していきます。特に体質改善を行うと、少しの「ゆらぎ」が出ても、自分の力で整える力が付くため、大きくホルモンバランスや自律神経が乱れることが少なくなります​​。

PMSの症状や重さは個人によって異なりますが、自分の症状や周期を理解し、対策を取ることが重要です。鍼灸治療は、PMSによる辛さをなくし、毎月の憂鬱を軽減する助けとなりえます