下を向くとめまいがする原因とは?専門家が解説!

めまいは、様々な原因で起こりうる症状です。特に、「下を向くとめまいがする」という特定の状況でめまいを感じる場合、その背景には何があるのでしょうか?この記事では、鍼灸師・整体師の視点から、下を向いた時にめまいを感じる原因と、その対処法について解説します。

下を向く動作でなぜめまいが起こるのか

下を向くという動作は、首や頭部の位置を変えることになります。このとき、内耳にある平衡感覚を司る器官が刺激され、異常な信号を脳に送ることがあります。

具体的には、内耳の石灰化した微小な結晶が平衡感覚を司る部分に移動し、本来の位置と異なる刺激を与えることでめまいが引き起こされます。これは良性発作性頭位めまい症と呼ばれる状態で、特に下を向くといった特定の頭の動きで症状が現れることが特徴です。

首の筋肉の緊張も一因

また、下を向く動作は首の筋肉に負担をかけます。

長時間のデスクワークやスマホの使用などで、すでに緊張している首の筋肉がさらに負担を受けることで、血流が悪化し、頭部への酸素供給が不足することもめまいの原因となり得ます。このような場合、整体や鍼治療による筋肉の緩和が効果的です。

対処法と予防策

下を向く動作によるめまいが発生した際には、まずは落ち着いて座るか横になることが大切です。そして、可能であればその場で簡単な首や肩のストレッチを行い、筋肉の緊張を和らげましょう。日常生活では、長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的に体勢を変えることが予防に繋がります。

専門家による診断と治療

めまいが頻繁に起こる、または長引く場合には、専門家による診断が必要です。特に、下を向く動作で発生するめまいは、良性発作性頭位めまい症の可能性があります。鍼灸や整体治療のほか、適切な訓練や薬物治療が効果的な場合もありますので、早めの受診をお勧めします。

下を向くとめまいがする原因は、日常生活の中で気づかぬうちに負担をかけている首や頭部の状態に起因することが多いです。正しい知識と適切な対処法で、快適な日常を取り戻しましょう。